“愚園”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐゑん50.0%
ぐえん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南京路から静安寺路へ出て張園愚園とを観た。評判程の名園でも何でも無く、ど荒廃に属して居て、つくね芋の様な入為的の庭石が目障りになるりだ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
愚園の方は小さな浅草の花屋敷で、動物の外に一寸法師や象皮病で片手が五十封度の重量のある男の見世物などがあり、勧工場や「随意小酌」と出した酒亭もある。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
電車で愚園に行く。雨に湿った園内は人影まれで静かである。立ち木の枝にの巣がところどころのっかっている。裏のほうでゴロゴロと板の上を何かころがすような音がしている。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)