“だちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
駝鳥87.9%
駄鳥6.1%
鴕鳥6.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は自分の心を沙漠さばくの砂の中に眼だけを埋めて、猟人から己れの姿を隠しおおせたと信ずる駝鳥だちょうのようにも思う。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
と思うと先生の禿げ頭も、下げる度に見事な赤銅色しゃくどういろの光沢を帯びて、いよいよ駝鳥だちょうの卵らしい。
毛利先生 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ある紳士の拝まれたるは天鵞絨ビロウドの洋服すそ長く着玉いて駄鳥だちょうの羽宝冠にあざやかなりしに、なにがし貴族の見られしは白えりめして錦の御帯おんおび金色こんじき赫奕かくえくたりしとかや。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
目白鳥としては駄鳥だちょうかどうかは知らないが、私には大の、ご秘蔵——長屋の破軒やぶれのきに、水を飲ませて、いもで飼ったのだから、笑ってわざと(ご)の字をつけておく——またよく馴れて、殿様がたかえたかくで、てのひらに置いて、それと見せると、パッと飛んで虫を退治たいじた。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
各種もろもろからすたぐい鴕鳥だちょうふくろかもめ雀鷹すずめたかたぐいこうさぎ、白鳥
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
が——右手に持った真白な鴕鳥だちょう羽毛はねで作った大きなおうぎがブルブルとふるえながら、その悲痛きわまりない顔を隠してしまった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)