関牧塲創業記事せきぼくじょうそうぎょうきじ
創業記事端書 世の中をわたりくらべて今ぞ知る 阿波の鳴門は浪風ぞ無き 予は第二の故郷として徳島に住する事殆んど四十年、為に数十回鳴門を渡りたるも、暴風激浪の為めに苦しめらるる事を記憶せざるなり。然るに今や八十一歳にして既往を回顧する時は、数 …
作品に特徴的な語句
しょく ぎもの たの いた 脊負せおい あっ たう みっつ めずらし 心懸こころがく かこ いそがし ばん むなし しい はなはだし あたっ 彼家かのいえ 生出せいしゅつ いず たゆ 甘藍きゃべーじ かん みつ いえ あじわい おなじく 一日いちじつ 萎靡なえ すこし しも ただち 相待あいまっ いず 青草せいそう かたわ たたかい いだ わけ 緑葉りょくよう たつ 湿うるお おおき 氷水ひょうすい 若干そこばく おしえ かく とど いえども たのしみ そもそも 四囲よかかえ 前脚ぜんきゃく 喉頭のどくび 半日はんじつ じつ あじ おなじ 干菜ひば うしろ ひそか 菅谷すげや あざ わらわ くるし したし うれい 我家わがいえ あるい いたっ おし 喰物しょくもつ 臥床がしょう 故郷こきょう せな 一時ひととき いつ みつ ねむり かえりみ けぶり くう たて すこやか やとう 児輩じはい ごおり 加之しかも 昼飯ひるはん こや たずぬ かえっ 力行りょっこう