“ごろう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御覧87.8%
五郎6.1%
五六2.4%
呉絽1.2%
呉郎1.2%
御覽1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
滅相もないこと、三彩獅子を御覧ぜられて、将軍家の御感一通りでなく、殿、御上府のせつは、偉い面目をほどこしたそうでござる」
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「——では、五郎どのの手の者か。それとも、庄司予十郎どのの手下か。飯村典膳どのか、小森小十郎どのの手飼か」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
岳、五六岳、槍ヶ岳、乗鞍岳、御岳と、合せて十余座を登っている。
山の今昔 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
と云って、あの帯は昔の呉絽だとか、あの小袖黄八丈だとか、出て来る人形の着物にばかり眼をつけて、さっきからしきりに垂涎している。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
オ母サンニハ緞子呉絽ノ帯地ヲ持ッテ行クト云ッテ下サイ、ドウセ僕ノオ見立テダカラ例ニ依ッテ悪口ヲ云ワレルカモ知レナイ、君ノ犬ヨリコノ方ガ心配ダト云ッテ下サイ。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
嬌娜の夫の呉郎が来てあいさつをした。呉郎は二晩泊ってから帰って往った。
嬌娜 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
持ち花見に出で積鬱を散じる中に和君のみは垂籠て御本をのみおで有ては身體またお目の毒に成ますれば戸外へお出なされ青い物でも御覽じたらお氣もやうお目にも能らうと夫で花見を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)