“黄八丈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きはちじょう88.2%
きはちぢやう8.8%
キハチジョウ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「エート、下着は何時ものアレにしてト、それから上着は何衣にしようかしら、やッぱり何時もの黄八丈にして置こうかしら……」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この子をふのには黄八丈の蒲団でも縮緬でもまだ足るものとは思はないのに、余りに哀れな更紗蒲団であるなどヽ思ふのです。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
ノ太キ格子テテ訪ネ来ル手ハ、黄八丈ノ着物ニ鹿リノ広帯ヲ締メ、オ河童ニ三ツノキ『リボン』ヲ附ク、今ヨリ約十八年ノ昔ナリ。名乗リ出デヨ吾ガ双生児ノ同胞
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)