増長天王ぞうちょうてんのう
こんな奥深い峡谷は、町から思うと寒い筈だが、案外冷たい風もなく、南勾配を選って山歩きをしていると草萌頃のむしむしとする地息に、毛の根が痒くなる程な汗を覚える。 天明二年の春さきである。 木の芽の色、玲瓏な空、もえる陽炎、まことに春らしい山村 …
作品に特徴的な語句
おの たにあい ぜっ こう ばえ とお 飜々ほんぽん 故意せい 日向ひあた 火口かこう かえ ちょう ぱち みこと くっ さく 素地そじ さお 釉薬くすり うぬ 彼奴かやつ ちげ 赫々あかあか しゅ きず 生干なまぼ かみ 上座じょうざ 成行なりゆ 男女ふたり ほろ 縞衣しまぎぬ おのずか 火口ひぐち さむらい 火入ひい しま 面目めんもく つら つゆ うさぎ わざ あが 凝視ぎょうし 刺殺しさつ 待遇たいぐう そそ あいだ ほこり 金布きんぷ 釉薬ゆうやく おさ 執念しゅうねん ほう むね あか さち 調度ちょうど やみ さき おぼ 朝会ちょうかい 山峡やまあい 工匠こうしょう 峡谷たにあい 神品しんぴん もの 老爺おやじ ののし 縁伝えんづた あみ 絢麗けんれい 絢爛けんらん 素泥すどろ まぎ 紅蓮ぐれん 精進しょうじん 精血せいけつ よそお 百助ももすけ 皿山さらやま