山の今昔やまのこんじゃく
我国に於て山登りが始められたのは何時頃からであるか、元より判然たることは知る由もないが、遡って遠く其源を探って見ると、狩猟を以て生活の資を得ていた原始民族に依りて、恐らく最初の山登りが行われたであろうことは想像するに難くない。もとより到る処 …
作品に特徴的な語句
さや やん とどま しゞ 美麗うるわ 神座じんざ 蒼生たみくさ あい あきらか くら おく かか とど さは 御膳みけ かつ 以南みなみのかた わずか いにしえ よろこび 大谷だいや やすん はま たくみ 幣帛みてぐら たしか うらみ かか いつ おさ 浅間せんげん つばくろ うたがい かんがえ けだ あやまり はるか あく 一向いっこう 乃至ないし これ しま 二荒ふたら たがい 五六ごろう わた また もっ 何人なんぴと なら 倫敦ロンドン ひとえ なら わず まま その 其処そこ 其物そのもの そな 加之しかのみならず 勝道しょうどう また 双六すごろく 収攬しゅうらん フィート かな そそ ただ ただ 嘖々さくさく 嚆矢こうし 垂迹すいじゃく 大命おほみこと 大山おおやま 大峰おおみね それ はじめ いず 容易たやす 山脊やまのせ 岩茸いわたけ 峰岫ほうしゅう いただき さいわい あたか もと 悪沢わるさわ 愈以いよいよもっ 慈興じこう あきた 所以ゆえん 所謂いわゆる かかわ