野草雑記・野鳥雑記やそうざっき・やちょうざっき01 野草雑記01 やそうざっき
この二冊の小さな本のように、最初思った通りに出来あがらなかった書物も少ない。私は昭和二年の秋、この喜多見の山野のくぬぎ原に、僅かな庭をもつ書斎を建てて、ここを一茶のいうついの住みかにしようという気になった。あたりはまだ一面の芒尾花で、東西南 …
作品に特徴的な語句
おわり 御坊ごぼ かた 酸漿さんしょう 沢山だくさん 土筆どひつ さが ひやや うる こえ 蜻蛉かげろう あやぶ 螽斯ぎす わらい まけ めず 土埃つちぼこ 越中えっちょう 萱草わすれぐさ すこ 巫女ふじょ 印南いんなみ 手懸てが 蝸牛かぎゅう おも へん おさ まぬ とど とら あぜ ちな もとづ ただ あきら 粟生あわ かご のぎ 安居あい かぎり 笹子じねご 入交いりまじ なら しば ぶた 四隣しりん 越賀こしか さら きこ 豊島てしま 有田ありだ えい はや ふさ 多遅たちひ おおい 逸見へみ 反正はんぜい はた 日向ひゅうが 邑智おおち 那賀なが おびや 如何いかん つと 酸模すいば ばち たのし 釣鉤つりかぎ 長生ちょうせい 二宮にくう 家猪かちょ ごろ つたわ 額田ぬかた もつ 真綿ねばし 茄子なすび 餡入あんいり ほろ 相可おうか よろこ やせ はじ 万歳まんざい うたがい 葉茎ようけい 上野こうずけ 登米とよま あらかじ
題名が同じ作品
野草雑記・野鳥雑記:02 野鳥雑記 (新字新仮名)柳田国男 (著)