野草雑記・野鳥雑記やそうざっき・やちょうざっき02 野鳥雑記02 やちょうざっき
暫らく少年と共に郊外の家に住むことになって、改めて天然を見なおすような心持が出て来た。少なくとも今までの観察の、大抵は通りすがりのものだったことを感ずる。旅は読書と同じく他人の経験を聴き、出来るだけ多くの想像を以て、その空隙を補綴しなければ …
作品に特徴的な語句
いき おわり 行方なめがた とどま つい 交趾コーチン さだま とうと おも ほっ めず むくい おく ゆる すこ 巫女ふじょ 口籠くつこ 山路さんじ 洗米あらいよね うる ばら わが つまびら いざ 埃溜ごみた ちな さえ いかり かろ あきら もし のど 相異そうい ゆだ 補綴ほてつ 波斯ペルシア うれい みた 打附うちつ 実生みば めん 粟島あわしま かた はが おとな かご 速贄はやにえ たく 土埃つちぼこり 道話どうわ もも はや おおい 日向ひゅうが 嘲笑ちょうしょう つか あざ 翡翠かわせみ すなわ しば つき くだ さら いにしえ がん 口喧くちやか はさ 持続もちつづ 取手とって はた 継合つぎあわ 占方せんぽう 宮良みやなが とん 頓著とんじゃく 剖葦ぼうい 椽先えんさき くろ きざし 薄鼠うすねず 稚児おさなご 物詣ものまい まぼろ うれ ばち 神供じんぐ 何故なにゆえ おそ うたがい ひさし たきぎ
題名が同じ作品
野草雑記・野鳥雑記:01 野草雑記 (新字新仮名)柳田国男 (著)