“沾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うるお27.7%
19.1%
うるほ19.1%
うる19.1%
ぬら6.4%
しめ4.3%
2.1%
ぬれ2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
板屋根の上のるばかりにいたるは昨夜の雲のやどりにやあらん。よもすがら雨と聞きしもの音、谷川の響なりしものをとはや山深き心地ぞすなる。
旅の旅の旅 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
支線の車に乗り換へると、ローラも涙にれた顔を直すためにヷニテイ・ケースを膝の上に取りあげると一心になつて鏡をのぞきはぢめた。
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
夫れ逍遙子が一味の雨は、もろ/\の草木をすに足りなむ。然れども類想と個想との別はおそらくは梅と櫻との別になるべし。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
が、その中でも目についたのは、欄干の見物の間に、芸者らしい女がっている。色の蒼白い、目のんだ、どこか妙な憂鬱な、——
一夕話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
しきを見つ。沙本より、暴雨り來て、に吾が面をしつ。また錦色の小蛇、我が頸にはりつ。
慎太郎は父の云いつけ通り、両手のに母の手を抑えた。母の手は冷たい脂汗に、気味悪くじっとりっていた。
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それから二十年ばかりたつた、彼は雪国の汽車の中に偶然、彼女とめぐり合つた。窓の外が暗くなるのにつれ、めつた外套の匀ひが急に身にしみる時分だつた。
鬼ごつこ (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
大忙ぎで下女に布を持ち来らしめ、に掛かろうとすると、不思議や小便たちまち催して、忍ぶべうもあらず、これはらぬ布がると、庭へ飛び下りて身をむる、この時遅くかの時早く