お律と子等とおりつとこらと
雨降りの午後、今年中学を卒業した洋一は、二階の机に背を円くしながら、北原白秋風の歌を作っていた。すると「おい」と云う父の声が、突然彼の耳を驚かした。彼は倉皇と振り返る暇にも、ちょうどそこにあった辞書の下に、歌稿を隠す事を忘れなかった。が、幸 …
作品に特徴的な語句
しん おろ さが 食気しょっけ がしら しめ りょう 家中いえじゅう あかる にぎやか うしろ あが 床上とこあ あた あざやか かんざし しゃ 何日なんにち あらわ 苦笑くしょう いまだ たなごころ まばら にお たくまし かえ ぐち のち 御影みえい ひさし いま いそが こも 市場しじょう 耳掻みみか なか こび じょう 空車あきぐるま あわただ そと あわれ 垂死すいし ねじ まぶ 掻巻かいま かど なまり ななめ うらな ほう いび かみ 死期しご 櫛巻くしま 残惜のこりお 九度くど きま 今日きょう 顔色かおいろ 水薬みずぐすり 何時なんどき がまち あま あいだ 消息しょうそく 明日あした すま 毒口どくぐち 洋一よういち やつ 氷嚢ひょうのう はし 端折はしょ 気忙きぜわ 氏神うじがみ 生憎あいにく 生垣いけがき くだ 歯齦はぐき かんざし ただ 昨日きのう 米噛こめか 煙草たばこ とう 死目しにめ 箪笥たんす 火箸ひばし 瑪瑙めのう 田村たむら はし