“笹子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ささご72.7%
さゝご9.1%
じねご9.1%
ささこ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『俚言集覧』には甲州の笹子峠に矢立杉という名木あり、七半云々と見えている。笹子は国境ではないが郡内と国中とを隔絶する峠である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
らなかつた隧道だとすると、いた笹子可恐しい。一層中仙道中央線で、名古屋大𢌞りをしようかとつたくらゐ。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と、笹子嶺道を切りぎ、勝頼らの来るのを拒んだ。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)