“名古屋”の読み方と例文
読み方割合
なごや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母は峠のお名古屋まで見送られ、それから汽車で上京しました。当時はまだ東京駅もなく、新橋の旧停車場が東海道線の入口でした。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
らなかつた隧道だとすると、いた笹子可恐しい。一層中仙道中央線で、名古屋大𢌞りをしようかとつたくらゐ。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
私を育ててくれた乳母名古屋に居まして、私が子供の内に銀杏で仕様がないものだから、東京へ来ても、わざわざ心にかけて贈ってくれる。
薄どろどろ (新字新仮名) / 尾上梅幸(著)