“中央線”の読み方と例文
読み方割合
ちうあうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らなかつた隧道だとすると、いた笹子可恐しい。一層中仙道中央線で、名古屋大𢌞りをしようかとつたくらゐ。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
或冬曇りの午後、わたしは中央線の汽車の窓に一列の山脈を眺めてゐた。山脈は勿論まつ白だつた。が、それは雪と言ふよりも山脈の皮膚に近い色をしてゐた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
鹽尻鹽尻——中央線乘換。」
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)