“鹽尻”の読み方と例文
新字:塩尻
読み方割合
しほじり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
てよ、先刻紳士は、あゝして、鹽尻下車たとふが、……ともへて此處までたか、が三つて。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
心細には、鹽尻でも、一人乘込まなかつた。……宿は、八重垣姫と、隨筆で、餘所ながら、未見知己初對面從姉妹と、伯父さんぐらゐにつてたのに。………
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鹽尻鹽尻——中央線乘換。」
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)