“從姉妹”のいろいろな読み方と例文
新字:従姉妹
読み方割合
いとこ83.3%
いとこどうし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
從姉妹たちも、まだ母親の處に呼ばれてゐなかつた。イライザは、帽子をり、温かい庭着を着て、彼女の家禽の處に行つてをやらうとしてゐた。その仕事を彼女は氣に入つてゐた。
いづれ本人達の望みもかめた上、妹娘のお鳥に娶合せるか、それとも、一度は髮まで切りましたが從姉妹のお銀と一緒にして世帶を持たせるか——まア、そんなことはかないで下さい。
たらしく被仰さい、』と眞實にしないのでつてつてた。お此娘從姉妹なのである。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)