湯ヶ原よりゆがわらより
内山君足下 何故そう急に飛び出したかとの君の質問は御尤である。僕は不幸にして之を君に白状してしまはなければならぬことに立到つた。然し或はこれが僕の幸であるかも知れない、たゞ僕の今の心は確かに不幸と感じて居るのである、これを幸であつたと知るこ …
作品に特徴的な語句
しよつ やつ 被仰おつしやつ 永遠エターニテー 如何どんな 旅館りよかん 如何どん 感情こゝろもち うへ きは とゞ はじま 引返ひきか をは 振舞ふりま もつ せき 抵抗ていかう 少女せうぢよ すき まへ うた あら さが さだま 隣家もより 堪忍たまつ をんな あは 將來このさき たのしみ 謝絶しやぜつ よこたは 老母らうぼ よろ 午後ごゝ おごそ とほ さいはひ 幸福かうふく 凝然じつ 冷笑れいせう いへ 弔詞てうじ 此方こつち 光景くわうけい とざ あひだ わづか あつま 忠實ちゆうじつ 歸京きゝやう 所謂いはゆ 温泉をんせん そゝ あるひ こま 不幸ふしあはせ いだ じゆん 如何どう いや ひゞき たし じやう ほしい きふ はじ いは ねつ すなは しゆ なんぢ てん 女郎ぢよらう あつ 樵夫そま どう 目的もくてき 足下そくか 女中ぢよちゆう あて 消息せうそく