“十姉妹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゅうしまつ85.7%
じふしまつ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山雀、目白、文鳥、十姉妹などの籠の上に載っていたウソをその時はじめて詳しく観察した。さっきの声はそのウソの鳴音だったのである。
木彫ウソを作った時 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
千種十次郎が斯う言った時は、二人は日比谷公園のロハ台の上へ、二羽の十姉妹のように押し並んで居りました。
女記者の役割 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
三人娘が十姉妹のやうに寄り添つてゐるとすると、お葉はその隣りの、窓がたつた一つしかない四疊半の部屋に寢てゐて、格子からでももぐらなければ、外へ出る工夫はなかつた筈です。