女記者の役割おんなきしゃのやくわり
「オヤお揃いだネ」 カフェー人魚の闥を押して、寒い風と一緒に飛込んで来たのは、関東新報記者の早坂勇——綽名を足の勇——という、筆より足の達者な男でした。 「早坂君かい、どうだい景気は」 声を掛けたのは、高城鉄也という、東京新報の花形記者で、 …
作品に特徴的な語句
何方いずれ かぐ 飾窓ショーウィンドー いら 煖炉ファイヤープレース もち 誰某どなた いえ つつ おお さか ゆる 人魚シレネ 如何いかが 忿怒ふんど 手巾はんけち うつ 此方こっち あんま 其奴そやつ 写しコピー そむ 大束おほたば ずつ 寝台ベッド しば ほと 清々せいせい 莞爾かんじ 行違ゆきちがい 謄本コピー 踊子ダンサー 配偶つれあい ドア 高城たかぎ 一寸ちょっと 一揖いちゆう 下手へた なが また あだ 今朝けさ 仕業しわざ おっ 会釈えしゃく 何処どこ 何彼なにか 何方どちら 何時いつ しか わず その 其儘そのまま 其処そこ もた 凹字おうじ 到頭とうとう 千種ちぐさ 卓子テーブル 口占くちうら 口吻くちぶり 吃驚びっくり 名残なごり 否応いやおう 呆気あっけ 固唾かたず その 在所ありか 嬌嗔きょうしん よろ へや なだ もっと 山羊やぎ きっ 屹度きっと かさ 平常ふだん 幽鬱ゆううつ かば たちま 恋着れんちゃく 恋讐こいがたき