“何彼”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なにか96.4%
なにかに3.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“何彼”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 西洋哲学 > 古代哲学100.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
文学 > 日本文学 > 箴言 アフォリズム 寸言7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
親孝行で氣性者で、その癖滅法めつぽふ愛くるしいお秀が、何彼なにかにつけて近所の獨り者の噂に上らない筈もありません。
學生等は解剖臺をめぐツて、立ツて、二人の助手は何彼なにかと準備をして了ツて、椅子にもたれて一と息してゐる。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
矢鱈無性に掻きよせて、何彼なにかにの差別なく一手に引き受け、剽窃の限りを尽してからに、ひと月おきか一週間おき位に、いろは本より薄つぺらな小冊子を矢継ぎばやに発行するといつた手合なんだが——さうした紳士の一人が