“十日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とおか64.7%
とをか25.0%
とうか7.4%
いくよ1.5%
じゅうじつ1.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ええ、ええ、もうこれから百もあって、くだけに十日とおかあまりかかって、かえりにもやはりそれだけかかるのですからね。」
松山鏡 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
指折ゆびをかゞめて勘定かんじようして、今晩こんばんは、よるまをせば、九晩こゝのばんひるまをせば、十日とをか經過けいかいたしましたことよ。かういふおこたへをしたのです。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
あと十日とうかてばいよいよ鎮座祭ちんざさいはこびになる。かたちこそちいさいが、普請ふしんはなかなかんでるぞ……。』
うきねの十日いくよ、燈臺のうつけたる眼は顧みず。
一見を求めんとして得べからず、再び十日じゅうじつ斎戒さいかい薫沐くんもくして、特に尊顔を拝すべし。乞う、寛覧かんらんを垂れよ。鑒察かんさつあらば幸甚。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)