“十六日”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じふろくにち50.0%
じゅうろくんち50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“十六日”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「だが、をがんだところはよ、閻魔樣えんまさまかほふものは、ぼん十六日じふろくにち小遣錢こづかひぜにつておかゝつたときほかは、あま喝采やんやとはかねえもんだ。……どれ、いそがうか。」
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それからちょっと箪笥たんすの上の披露式の通知に目を通し「何だ、四月の十六日じゅうろくんちじゃないか?」と言った。
たね子の憂鬱 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)