みつ柏みつがしわ
「はゝあ、此の堂がある所爲で==陰陽界==などと石碑にほりつけたんだな。人を驚かしやがつて、惡い洒落だ。」 と野中の古廟に入つて、一休みしながら、苦笑をして、寂しさうに獨言を云つたのは、昔、四川酆都縣の御城代家老の手紙を持つて、遙々燕州の殿 …
作品に特徴的な語句
これ 退じさ かう よび おほ 可恐ひど れい きはま をのゝ いは くるしみ いのしゝ ぢやう あかし 莞爾くわんじ きさま うま たつ おほき ぎやう 添書そへが てめえ かは くわつ きらひ あたかも 翌朝あけのあさ ステツキ やはらか ふさ うらゝ たつと 不可いけね 白衣びやくい しつか かい すゞし うへ しよ 驚駭きやうがく 風采ふうつき 一刀いつぽん 退すさ しはぶき この ふた じつ 寂然ひつそり 少女せうぢよ をつと うも 一寸ちよいと かは ぎは 判明はつきり 苦笑にがわらひ かは やあ いゝえ まへ 男子をとこ あたゝ にじ 中位ちうゐ すこ 突込つツこ ぢい なま かつ いへ 此方こつち くれなゐ そつ 尋常じんじやう ざう をんな ごく いたゞき しう 尚更なほさ ことば 使者ししや 一層いつそ がは 夕飯ゆふはん 引返ひつかへ あたゝか はう きれ かゝ 羞恥しうち