“下車”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げしや50.0%
20.0%
おり20.0%
かしや10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
齋藤巡査眞鶴下車したので自分談敵つたけれど、入口なる門川までは、退屈する隔離でもないのでらなかつた。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
二人はそこで下車りて家路に急いだ。彼女の希望はもうまったく消え失せた。
頸飾り (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
てよ、先刻紳士は、あゝして、鹽尻下車たとふが、……ともへて此處までたか、が三つて。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
矢車の花は国では野生の物であるから日本で見るよりも背が低く、かと思はれる程地をつて咲いて居る。自分が下車すると、例の様に
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)