“地下電車”の読み方と例文
読み方割合
メトロ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その沈黙をつたわって、ペレール広場で路面の停車場へ出る地下電車の轟音が遠くから響いて来る。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
地下電車から地上へひ上がる。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
地下電車の中にて
ふらんすの女 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)