“笹子峠”の読み方と例文
読み方割合
ささごとうげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この犬をこのまま忘れたふりして、ここへ置いて、さっさと汽車に乗って東京へ行ってしまえば、まさか犬も、笹子峠を越えて三鷹村まで追いかけてくることはなかろう。
さようこの頃、木地師の一隊、笹子峠の辺を歩いていた。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
翌日駒飼から笹子峠える。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)