剣侠受難けんきょうじゅなん
ポンと右手がふところへはいり、同時に左手がヒョイとあがった。とたんに袖口から一条の捕り縄、スルスルと宙へ流れ出た。それがギリギリと巻きつこうとした時、虚無僧は尺八をさっと振った。パチッと物音を立てたのは、捕り縄がはねられたに相違ない。がその …
作品に特徴的な語句
嬰児みつご ぱず うつろ びたい がら 陰影シルエット ぴつ みん きょ じじ かざし かす こう あい ちょう がしら こぶし しも とっ すい もれ ぴら しん 赤児ねんねえ 距離みちのり うえ 身長みたけ しゅう つな しゃ さいな おさ 蒼白まっさお 生活たつき 催促ねだ 武器へいき めえ いで あめ 築土つくど はず ちょう くつ かろ 土煙どえん つか むな 美味おいし 篠懸すずか かご せん 新宿にいじゅく 幕屋ばくや 占術せんじゅつ 弓弦ゆみづる さお 強面こわおも 韮崎にらざき 傾斜スロープ におい 悪漢わる 御印ぎょいん 八幡やはた 伽話おとぎばなし 家人かじん 夫婦めおと たっと とびら ぐし 群葉むらは つか 私事わたくしこと ごう けだもの 藪地やぶち 忽然こつねん 住居ずまい 石棺せきかん 棒杭ぼうくい 駅路えきろ 唐冠とうかん 義父とう