“群葉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むらば66.7%
ぐんえふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“群葉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
群葉むらば張る蘇鉄のそよぎ今見ればひたとしづもり寒き日のいろ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
と、その八手の群葉むらばをくぐって、銀の線が奥へ流れて行く、日の光を貫いた吹き針の針で、五間の空間を一直線に飛んで、空にあるうちは燦々さんさんと輝き、八手の葉の蔭に流れ込むや、葉と葉とでできている陰影に溺れて、瞬間光を消してしまった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
すべては、繁り合つた幹、柱のやうな幹、繁茂した夏の群葉ぐんえふばかりで——何處にも開けたところはなかつた。