“群島”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぐんとう80.0%
ぐんたう20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“群島”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今度こんど西南せいなんから東方とうほうむかひ、マルヂヴエ群島ぐんとうへんから南方なんほうむかつてはしるなる
それは彼のれるところとならず、わざわざ北方スコットランドのそのまた極北きょくほくのはなれ小島であるオークニー群島ぐんとうへ送りこまれたのは
沈没男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
おもふにこの潮流てうりうはラツカデヴ群島ぐんたう方面ほうめんから、印度大陸インドたいりく西岸せいがんぎて
マルダイヴ群島ぐんたううへなゝめび、ラツカダイヴ諸島しよたうそら流星りうせいごとかけつて