“嶺道”の読み方と例文
読み方割合
みねみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここから南北の嶺道は、嶺ながらね平らだった。余吾西岸の足海、茂山のあたりまで、ほとんどゆるい傾斜をもった降りである。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてすでに、あすあさってには、孟州に入ろうかという十嶺道で、ついその酒の誘惑から、危ないにかかッてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の声が各所に聞え、みだれる馬、士気なき旌旗、草ぼこり蹴だてて退く荷駄、歩卒などの崩れが、嶺道を、西へ、約二十町も、急退していた。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)