“嶺雲”の読み方と例文
読み方割合
れいうん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
魯文門下の「江東みどり」から「正直正太夫」となるとち逍遥博士と交を訂し、続いて露伴、鴎外、万年、醒雪、臨風、嶺雲、洒竹、一葉、孤蝶、秋骨と
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
田岡爛腸(嶺雲)氏などをも引込み、その一同が会する時はなかなか盛んなものであった。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
西洋の新聞雑誌が皆大金をかけて思ひきつた仕事をする事、雪嶺翁が校正の時に文章を非常に直すので活版屋が小言をいふ事、外に、嶺雲その他の消息などく話して、怪庵は帰る。
明治卅三年十月十五日記事 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)