鳴雪自叙伝めいせつじじょでん
一この自叙伝は、最初沼波瓊音氏の「俳味」に連載されしが、同誌の廃止後、織田枯山楼氏の「俳諧文学」にその「俳味」に載りしものと共に終結までを連載された所のもので、今般それを一冊子として岡村書店より発行せらるることとなったのである。 二誌の毎号 …
作品に特徴的な語句
いっ やっ たか あけ かたじけの たて よわ そばだて しげっ じき なづ よっ そむ つかさど 白魚しらいお みずか おのお 毛布ゲット 三日さんじつ のっ なく おく きい あーち たっと すみ さい あく ひど あた あやし 熟々つらつら あらた うしろ おい かげ 干城たてき 漸次だんだん いじ 温泉おんせん ゆっ 勝田しょうだ いさぎよ しっか したし 寒川さんがわ 可笑おかし たて あい 同人ともざね 名乗なのら しゃ きわ はな くさ 自惚うぬぼれ こぞ かか まず やに 茸狩きのこがり 手作てづく いくさ いましめ 悸々どきどき 暮六くれむつ 蒸籠せいろ そばだ おそれ 本馬ほんうま 枳殻きこく 安西あざい 読本よみほん 楫子かじこ たのし おうち おおい はや まかない かね 浮穴うけな