“餡入”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんい66.7%
あんいり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“餡入”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
道明寺どうみょうじ餡入あんいもちであったがその外側に糯米もちごめのふかした粒がぽつぽつと並べて植え付けてあった。
物売りの声 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
餡入あんいりの餅のほかにいろいろの形をした素焼きの型に詰め込んだ米の粉のペーストをやはり槲の葉にのせて、それをふかしたのの上にくちなしを溶かした黄絵の具で染めたものである。
庭の追憶 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
柴餅は五月節供せっくの日に作る餅で、いわゆる亀の子ばらなどの葉に包んだ餡入あんいりの餅であるが、これなどはたしかによく熟した露草の実が、葉苞はづとに包まれた形と似ている。