“米原”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まいばら88.2%
よねはら11.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さっき米原を通り越したから、もう岐阜県のに近づいているのに相違ない。硝子窓から外を見ると、どこも一面にまっ暗である。
西郷隆盛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
米原北陸線分岐道とて、喜多にはひとり思出い。が、けるとい。所爲か、何爲もそゞろである。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
文展の彫刻部に『瓢箪鯰』を出品した米原雲海氏は、この頃の眼も眠らないで、せつせと仁王さんを刻んでゐる。仁王さんは六のかなり大きい木像だ。
妻の静子さんは、森の親戚米原家の人なのですが、その生れた時に、私どものお父様の名の一字を取って、静子と名づけられたのです。子供は一人ありましたが、早く亡くなりました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)