西郷隆盛さいごうたかもり
これは自分より二三年前に、大学の史学科を卒業した本間さんの話である。本間さんが維新史に関する、二三興味ある論文の著者だと云う事は、知っている人も多いであろう。僕は昨年の冬鎌倉へ転居する、丁度一週間ばかり前に、本間さんと一しょに飯を食いに行っ …
作品に特徴的な語句
ねむっ まず たたかい ことさ ただよわ ぎょう かん いわく まぎら おびやか みた のど いずく 小止こや うしろ 燐寸まっち まばら つっ そびや なん 俵屋たわらや かたわら 口吻こうふん おおい まった のち おもむろ 朗然ろうぜん 清水きよみず なめら 空地くうち こま おのずか せめ よい 一向いっこう 一寸ちょっと 一瞥いちべつ うち 今日こんにち 他言たごん たたず 侮蔑ぶべつ くるま 傲然ごうぜん 刀創かたなきず 南洲なんしゅう 反駁はんばく 可笑おか 右腕みぎうで 合図あいず 周密しゅうみつ 咄嗟とっさ とが 唇頭しんとう のど つぐ おど 埃及エジプト 城山しろやま さかい 大分だいぶ 大理だいり 大股おおまた まっと 居睡いねむ しかばね 屍体したい 差障さしさわ あて あと 忌々いまいま せわ 忽然こつぜん 怪訝けげん 悪戯いたずら いよいよ つつし 成程なるほど 所謂いわゆる 折角せっかく ほう はさ 故紙こし 斑白はんぱく