紅玉こうぎょく
時———現代、初冬。 場所——府下郊外の原野。 人物——画工。侍女(烏の仮装したる)。貴夫人。老紳士。少紳士。小児五人。——別に、三羽の烏(侍女と同じ扮装)。 小児一やあ、停車場の方の、遠くの方から、あんなものが遣つて来たぜ。 小児二何だい …
作品に特徴的な語句
へえ すくの わかき ちゃ くい あせ きさま まぶし 取合とりお よっ せなか 先達せんだ ちゃん さみ よし 退しりぞ かい つつ あかり 汝等きさまら 引越ひっこし 太陽おひさま いだ いち ためし 一先いっさき 一寸ちょいと くら こうべ じっ ざっ 組合くみあわ 紅玉こうぎょく 矢張やっぱ とも あかる わざ あれ おおき むくい じゅ ぬか 吃驚きっきょう つつみ いつ おそ におい きた 過去すぎさ つの けん 薩張さっぱり くるし えら せな くれない つっ 硝子ビイドロ みま えて ともしび もと 此方こっち これ ステッキ つかみ あやし 彼方あなた なり かげ ぬの わか あめ さかん 喝采やんや 取出とりい あが なに 不可いか 冷水おひや それ あわただ なが かなし たち 悄々すごすご
題名が同じ作品
紅玉 (新字新仮名)泉鏡花 (著)