“脂肪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あぶら68.9%
しぼう29.5%
しばう1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すぐに抜け出た頸足が、燭台の燈火に照らされたが、脂肪気がなくてカサカサとしていて、折れそうに細っこくてならしかった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
つぎにモコウは、一生けんめいに動物やさかなの料理をするたびに、その脂肪を貯蓄したので、燈火の油に不足の心配はなくなった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
其使用の目的は鳥獸の皮をぎたる後に脂肪るが如き事に在るなり。石匕の把柄の部には木脂の附着せしあるもの有り。ひも無く更に長き木製の把柄をへたるに基因す。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)