“血管”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けっかん55.6%
けっくわん11.1%
けつくわん11.1%
ちくだ11.1%
ちすぢ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「頭目、よく見てごらんなさい。ほんものの眼だということは、目玉をよく見れば分りますよ。瞳孔も動くし、血管も走っている」
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
平和暴人ども、同胞刃金不埓奴……きをらぬな?……やア/\、汝等まなる嗔恚血管よりさうとむる獸類ども
其時自分呼吸する空氣さへ灰色になつて、血管れるがした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それまでは数知れぬれと気づかわしさとが血管の中を針の流れるように刺しまわって、小さなをするにも乳までひびくようでございましたが
道成寺(一幕劇) (新字新仮名) / 郡虎彦(著)
耳孕桃色に 血管の脈打つも生物らしく
寧日 (新字旧仮名) / 山口芳光(著)