道成寺(一幕劇)どうじょうじ(ひとまくげき)
人物 道成寺和尚妙念 僧徒妙信 僧徒妙源 僧徒妙海 誤ち求めて山に入りたる若僧 女鋳鐘師依志子 三つの相に分ち顕われたる鬼女清姫 今は昔、紀ノ国日高郡に道成寺と名づくる山寺ありしと伝うれど、およそ幾許の年日を距つるのころなるや知らず、情景は …
作品に特徴的な語句
むごたら めばたき きれ おら 幾許いくそばく さけ むし 退すさ しも そびら 血管ちくだ むな しずく 戦慄おのの 上手かみて すさ 膚膩ふに やく うつろ いだ おのれ 山下さんげ よご おと つど 陰地かげじ にじ おど かたど 蝦蟇ひきがえる 蒼白そうはく あた 穿うが まなこ すがた 疑惧ぎく こぼ 最期いまわ あら めぐ 山上さんじょう おんな 下手しもて じょう わし やぶ 目覚めざ 盲目めくら 眉毛まゆげ なが かな 睫毛まつげ にお 動悸どうき 硫黄いおう こわ 磯辺いそべ とな 稀有けう 剃髪ていはつ 窺視きし ささ 終焉しゅうえん 経歴へめぐ から ゆる すが めぐ まと 美貌びぼう そび はだ 刹那せつな はら 胎子はらご 凡常よのつね 凄色せいしょく うみ こけ 苦悶くもん 草鞋わらじ はな 蒸気ゆげ あお 蒼白あおじろ そな たくわ しず 不憫ふびん 野猫のねこ 邪婬じゃいん 不愍ふびん