“同樣”のいろいろな読み方と例文
新字:同様
読み方割合
どうやう78.3%
どうよう21.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ではあかしの手品同樣になりません、おしましたのは御新造樣うぞでもおへなさつてはさりまし。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
日木經濟界同樣であつて、世界戰爭輸出超過正貨流入通貨膨脹物價騰貴日本經濟界急激大膨脹したが
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
丁度イタリーの南方リパリ群島中一火山島たるヴルカーノをローマの鍛冶たるヴルカーノの工場へたのと同樣である。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
同樣へるに『落葉針葉樹』(からまつ、いてふ)と『落葉闊葉樹』(さくら、もみぢ)のがあります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)