大阪の宿おおさかのやど
夥しい煤煙の爲めに、年中どんよりした感じのする大阪の空も、初夏の頃は藍の色を濃くして、浮雲も白く光り始めた。 泥臭い水ではあるが、その空の色をありありと映す川は、水嵩も増して、躍るやうなさざ波を立てゝ流れて居る。 川岸の御旅館醉月の二階の縁 …
作品に特徴的な語句
すつ おつ くゞり なほし きよく はにかみ たちま さき あむ をなご さげ 正面しら 通過とほりすぎ めえ 情人をとこ みづから きよし じき 端折はしより とぢ あげ 家内いへ かほ 眞向まむこ なんに ほつそ しやべり 着物きりもん とう まゝ おほい とつく まつは さば 滿まる さが 下手べた いづ つか きい かたはら れん おのづか やみ あたり 牛肉にく 口惜くちをし 御寮ごりよん 矢張やつぱり 石鹸シヤボン まつ べか かけ ねぢ 御座おざ 中腹ちゆうつぱら こつ とま すき をす 水洟みづつぱな つき しうとめ さん むろ まな をんな ダース だね 立廻たちまはり 眞盛まつさかり 今日こんち 此方こつち まうけ だき こた おこり 四這よつんばひ はから 父親てゝおや あつらへ おこな やぶさか しゝ さいはひ 御酒おさけ 川面かはも 出來でけ けう こは おどろき 居睡ゐねむり ふり 居心ゐごころ