“川面”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かわも48.7%
かわづら25.0%
かはづら13.2%
かはも6.6%
かわつら2.6%
かはつら1.3%
かはのも1.3%
かわもせ1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“川面”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
土手の人足は至つて疎らですが、川面かわもは夜櫻見物の船が隙もなく往來し、絃歌と歡聲が春の波を湧き立たせるばかりです。
それは川面かわも漣波れんぱに、蘆荻ろてきのそよぎに、昼顔の花に、鳥のさえずりに、ボロ服とボロぐつにあるのではないか。
映画雑感(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
トム公は、いきなり、足もとの砂利をつかんだ。左の手から一つずつ取っては、川面かわづらへ向って低く飛ばし始めた。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
川面かわづらはますますあかるい、船こそ数多あまたあるけれども動いているのはこの川にこれただ一そう
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やうやまちをはづれると、九頭龍川くづりうがは川面かはづらに、夕暮ゆふぐれいろめて
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
堤の上はそよ吹く風あれど、川面かはづらさゞなみだに立たず、澄み渡る大空の影を映して水の面は鏡のやう。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
川面かはもも段々夜の色になり、近々と腰かけてはゐるのだが、娘の顏もほの白く見えるばかりだつた。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
なんでも雨上あまあがりの葉柳のにほひが、川面かはもを蒸してゐる時だつた。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
情を知らぬ夕霧め、川面かわつら一面に立て込めてその人の姿をよく見せない,あれが貌かというほどに、ただぼんやりと白いものが、ほんのかすかに見えるばかり。
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
瀬の音がごう/\/\、ざあ/\ざあと川面かわつら一面に響く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
部屋の中から若々しい女の声がした。「おつ母さん。わたしあの黒い川面かはつらに舟の窓の明りが一つ一つ殖えるのを見てゐますの。」
日ねもす夕暮まで我は見守りつ、川面かはのもの変りゆくさま。
屋根船はその間にいつか両国のにぎわいぎ過ぎて川面かわもせのやや薄暗い御蔵おくら水門すいもんそと差掛さしかかっていたのである。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)