富岡先生とみおかせんせい
何公爵の旧領地とばかり、詳細い事は言われない、侯伯子男の新華族を沢山出しただけに、同じく維新の風雲に会しながらも妙な機から雲梯をすべり落ちて、遂には男爵どころか県知事の椅子一にも有つき得ず、空しく故郷に引込んで老朽ちんとする人物も少くはない …
作品に特徴的な語句
みな やら 沢山やれ しばだ きたる もっ 如何いくら 御座ごわ たる 執拗ひねく 出立たっ もど 訪問とう 出発たった 爽快はっきり あっ しも 尋常ひととおり 温和おとなしゅ びく 微笑えみ よび 全然まる 決定きまっ むかっ 躊躇ためろ あわ わず 無益つまり むず 打壊たたきこわ たの こう 元来いったい 光景ようす わび つぶ 此処こっち 出発たち やっ 彼等きゃつら 帰宅かえっ さん 命令いいつか はずみ ひとつ 彼奴やつ 白眼にらん せい こころ 偏執ひねくれ たたかい ただち 全然まるきり しま くい 貴様おまえ いだ あば 老衰よわっ 老耄もうろく こうむ しん むな あっ 貴公おまえ 喫驚びっく 貴嬢あんた 昨夕さくせき 暫時しばら 鬱屈ふさい 近郷きんじょ 叱咤しから 可憐かわい 反対むこう 通暁わかっ くた 何卒どう 停止たちど 何国なにくに いで 相貌かおつき とど 矢張やっぱ にく あず 所謂いわゆ 決定きめ