“至誠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しせい87.5%
まこと12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、十竹の報告を得ると、かれは、天意というか、天縁てんえんというか、自分の至誠しせいがあるものにとどいたようなここちがして、あくる朝
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
始終私どもの講義を聞いて、ここにはじめて神の正しく儼存げんぞんたまううえは、至誠しせいってこれを信じその道を尽し、その法を修めんには
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
至誠まことをもて彼道を示さん
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)