“天縁”の読み方と例文
読み方割合
てんえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、十竹の報告を得ると、かれは、天意というか、天縁というか、自分の至誠があるものにとどいたようなここちがして、あくる朝
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
よし一時陸奧名取川からぬしてもし、かりの打割りてれば、天縁れにつて此處びしかもれず、こそ一寒書生もなけれど
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此處さへれてつたならばんなしくられるかと、ういふ是非ともへます、で御座いますから、矢張そのりのにうかれて、此樣不運るべきが天縁では
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)