“川獺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわうそ88.9%
かはうそ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こっちの好きに付け込んで、狐か川獺が悪いたずらをするのかとも疑ったが、喜兵衛も武士である。腰には家重代の長曽弥虎徹をさしている。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
川獺か狐か、それにしても白昼に鰊が消えて無くなるのは不思議であった。そして、四番目に変死したのが彼の女工で、後藤菊太郎という人の妻君であった。
堀切橋の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
大うその川獺だ。奧に樂々と晝寢をしてゐやあがつて、おれが幾度催促に來ても出て來なかつたぢやあねえか。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)