あし
その葦たちは一日じゅう巨きな椎の樹のうっとうしい陰で風に揺られていた。 将監台と呼ばれる丘の突端をめぐって、にわかに幅をひろげる川は、東へと迂曲しながら二十町あまりいって海へ注ぐ。川幅がひろがって大きく曲る左岸の、抉ったように岸へ侵蝕したと …
作品に特徴的な語句
こま うず あわただ 忿おこ つた くすぶ とき きま さき さら 燧袋ひうち 甲斐がい まば はぎ はり 丸紐まるひも 侵蝕しんしょく 倦怠けんたい 凱歌がいか 切拓きりひら 刺戟しげき 剃刀かみそり くりや 厭悪えんお 叢林そうりん 可笑おか つぶや あお とが そそ あえ ささや 団扇うちわ 奇蹟きせき 家禄かろく 将監しょうげん がけ かさ 川獺かわうそ おお じょう 帷子かたびら 弛緩しかん 弥生やよい 恪勤かっきん おそ 懶惰らんだ えぐ おお つか 揺曳ようえい たわ 昂奮こうふん かさ さら 月代さかやき 松尾まつお 板塀いたべい しい 橙色だいだいいろ なみだ 浮子うき よど あふ おぼ 灌木かんぼく さかずき 眸子ひとみ 禽獣きんじゅう 穿 竹刀しない はこ 篠竹しのだけ 耀かがや 耽溺たんでき 股立ももだち さかな もろ ひざ 膳部ぜんぶ 良人おっと つや たばこ 莨入たばこいれ かや 落魄らくはく あし 蒼白あおじろ