“帷子”の読み方と例文
読み方割合
かたびら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがての煙が、勝手から家の内を吹きながれた。湯浴みして、帷子にかえた藤吉郎は、草履をはいて、庭木戸から外へ歩みかけた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いずれも水色の揃いの帷子に、しん無しの大幅帯をしどけなく結び、小枕なしの大島田を、一筋の後れ毛もなく結い立てています。
茶屋知らず物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
白地の帷子を着た紳士の胸や、白粉をつけた娘の横面などへ泥草鞋がぽんと飛んで行っても、相手が子供であるから腹も立てない。
薬前薬後 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)