“經帷子”の読み方と例文
新字:経帷子
読み方割合
きやうかたびら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それは經帷子だ。お銀は死んだばかりで、まだ湯灌も濟んぢやゐない。舞臺で着る赤い振袖の襟を、左前に合せるのは變だらう」
近所女房等は一晒木綿半分てそれでばかりの經帷子死相頭巾とふんごみとをつてそれをせた。ふんごみはにして足袋爪先穿かせるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
淨瑠璃の文句の通り、覺悟の經帷子、首には水晶の珠數をかけて、そのまゝ舞臺に押し出せさうな晴小袖、男の方もそれに劣らず、錢に飽かして死出の晴着だ