“經濟”の読み方と例文
新字:経済
読み方割合
けいざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓塲掃除男衆くるまでけば、和尚さま經濟より割出しての御不憫かゝり、は二十からうてともなき心得ながら
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
戰時中膨張した日本經濟戰後收縮した状態ての國民自體自覺喚起することが非常必要である。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
たづぬるにしからず、宿題にした近頃神田つた或婦へた。茄子茗荷と、油揚清汁にして、薄葛ける。至極經濟惣菜ださうである。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)